トピックス

ド近眼なサカナ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

透き通った目が印象的なサカナ、ハマダイ(オナガダイ)。秋のこの時期から脂がのって美味しくなる魚です。

こんなに大きな目をしていて、さぞかしよく見えていると思いきや、魚の視力はそれほど良くなく、いやむしろド近眼なんです。

具体的には、大型表層魚のカツオ0.43、イシダイ0.14沿岸魚のアジ0.12マダイ0.16と人間ならば裸眼では生活できないコンタクトかメガネが必須なレベルですね。

サカナは生きていくなかではキチンとした像が見えなくても敵や障害物の存在が分かれば良いんです。

ただし、人間とは違い視野が広く、死角が少なくなっているのと、動体視力は優れています。これはやはり生き残るために持って生まれた術なんですね。

余計な話ですが、サカナのほとんどが白と黒しか見えない色盲だそうです。

img_8950 img_8952 img_8953 img_8955

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 朝日が眩しい早朝6時。
  2. 春らしい初物が入荷しています、サクラエビです。
  3. 今朝セリ場に行くと、真っ先に鮮魚課五十子社員から「しょらさん鰹」入荷したよと声をかけられました。
  4. 桜の開花と共に、相模湾も活発になって来た事が感じられた本日の追駈け。
  5. かなりいい魚体、そして色艶がイイ魚。

アーカイブ

市場カレンダー