トピックス

ナメタガレイは誰しもが認める旬の食材です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

土曜、日曜、今日と半端ない寒さ。

猛烈な悪天候の影響で、今日の鮮魚入荷量も激減しています。

止むを得ない状況ですよね、神奈川県でも雪がちらつき、京都や名古屋辺りの光景をみたら・・・・・・・。

昨日の皇后杯全国都道府県対抗女子駅伝も、吹雪のように強く雪が降る中激走。

選手の皆さんご苦労様、そして神奈川県代表の皆さん7位おめでとうございます。

こんなに寒いと、カラダが温まるものが食べたくなりますよね。

唐辛子や香辛料のたくさん入った料理や鍋、お腹の弱い人には煮魚ですかね。

今の時期、煮魚にピッタリのサカナがいました「子持ちナメタガレイ」です。

一般的にオスが珍重されるタラに対して、カラダいっぱいに抱卵したメスに人気があるカレイ。

特にナメタガレイの子持ちは高値で取引がなされ、1㌔を越えるものは万の値段が付くほどだそうです。

なぜ子持ちが高値になるのかと言うと、ナメタガレイは標準和名「ババガレイ」と言って「婆婆鰈」と書かれますが、「母母鰈」とも書いて、お腹にたくさんの子供を抱えるサカナであることから、「子孫繁栄」、「商売繁盛」を想像させる縁起の良いサカナです。

ナメタガレイの身肉に煮汁を絡めて食べると、濃厚な旨みと品のイイ脂が口の中に広がります。

ヒレやエンガワの部分にはコラーゲンを含んだプルンプルンのゼラチン質、オレンジ色の真子はふんわりとした食感を楽しめます。

そして最後に付け加えておきますが、ナメタガレイの煮付け汁はカラダから出るヌメリとゼラチン質で煮こごりが最高です。

アツアツのごはんに乗せるも良し、酒の肴につまむのも良し。濃厚な旨みが凝縮され、口の中に入れた瞬間に溶けて消えて行く感じは堪りません。

正に誰しもが認める旬の食材です。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー