トピックス

ハスってどんなサカナ?実はイシダイのことです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

縞模様がハッキリした若いイシダイを発見、むっむっハス?????

島根県出雲市より出荷され、発泡スチロールの箱にはハスの名が記されています。

直ぐにスマホで確認すると、当地神奈川や東京では「石をも噛み砕く歯を持つ魚」としてイシダイと呼ばれていますが、関西では体長20㌢くらいまでのサンバンソウ、それ以上のサイズをハスと呼ぶそうです。

ネットで「島根県 イシダイ」と検索すると、実に多くのイシダイ釣りに関する情報にヒットすることにビックリ。

そして、かつて日本記録級体長80㌢のイシダイが、島根県で釣り上げられたとの記載もありました。

体長はさほど大きくはありませんが、とてもキレイな魚体。さぞかし丁寧な扱いがされ、活け締めされているのだと感じます。

ハスの旬は、産卵期の春から夏と言われていますが、小さいハスは、年中味が良く、冬にかけて脂がのりより美味しくなるそうです。

釣りも良し、食べても良し、サカナの年齢・魚体によって異なる味わいを楽しめるハスは如何ですか!

img_1965 img_1958 img_1959

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週、生筋子を紹介しましたが、親もセリ場で発見しました。
  2. な・・・なんて事をさせるんだ!!お母さん!ぼらジローの誘惑にのってはいけない・・・あ...
  3. 夏の高級魚メイチダイ(目一鯛)を鮮魚課のセリ場で発見。
  4. 昨日、仲卸で初物買っちゃいました「サンマ=秋刀魚」です。
  5. ここ数日、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸からの朝網追っ駈けがないんです。

アーカイブ

市場カレンダー