トピックス

ハマグリ?いいえ、ホンビノス貝です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日11月19日(木)0時00分は、今年のボジョレーヌーボーの解禁日です。

今年のボジョレーヌーボーのキャッチコピーは「記憶に残る素晴らしい出来栄え!」と高い評価を受けています。

しかし残念なことに年に1度のお祭り騒ぎも下火方向で輸入量も減少しているようです。

今日はワインのお供にいける食材、ホンビノス貝を紹介します。

最近居酒屋等でも見かける機会の増えたこの貝、北米原産の外来種で、シロハマグリや大あさりなどと呼ばれていた時期もありました。

生命力が非常に強く、青潮が1週間続いても生き延びられたり、本家アメリカでは貝年齢推定50才のホンビノス貝が発見されたり、貝の中から真珠が見つかったなど話題に事欠い人気者です。

千葉県船橋市では、江戸前新名物に育てるため力を入れているそうです。

このホンビノス貝は、ハマグリのように身はふっくらと肉厚、アサリなどに比べて噛みごたえもあります。

しかも泥の中に棲むホンビノス貝は、砂抜きの必要性がありません。(その代り1~2晩泥抜きをした方が良いようです。)

もともとアメリカでは、主にクラムチャウダーに使われ、ロードアイランド州では州の貝に指定され、よく口にされます。

ネットで見ると天日で1日干すと塩水を吐き、塩っ気がマイルドに、貝類の旨味成分である「コハク酸」も増えるようです。

それを使って、白ワインや日本酒で酒蒸し、ボンゴレ等も良いですね。贅沢ですが、味噌汁にしても美味。

貝の形が、ハマグリと全然違いますので、実際に見比べてみて下さい。

IMG_5622 IMG_5576IMG_5838IMG_6073 IMG_5574

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  2. 誰かのせいにしたくないけど、アニサキス食中毒の影響は確実に出ています。
  3. あじ!アジ!鯵~!!明日から日中気温が30℃近く上る予報が出ている横...
  4. おおっ、春シャコ!特種相対品課小森社員のセリ場で、キレイにボイルされたシャコを発見。
  5. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。

アーカイブ

市場カレンダー