トピックス

ハローと言う名のホウキハタ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

クエ?ハロー?何者?

正解は、ホウキハタ。英名はBroom grouper、漢字では箒羽田です。

ハローは東京都小笠原での呼び名、高知ではクエと呼ばれているらしい。

なぜハローと言うのでしょう?

ネットで調べたけど、見つかりませんでした。誰か教えて欲しいです。

当市場では島廻りのサカナは豊富に入荷するので、ホウキハタもよく見かけます。

今日セリ場にあったモノは、小笠原父島より入荷しています。

寒い時期のハタが値を上げる時にはやや高値となるが、他のマハタ属に比べてお手軽な値段で買い求めることが出来ます。

旬は調べてみると特になく、通年美味しいサカナのようです。

やはりハタ類と言えば刺身と鍋。身の締まりが抜群の白身魚、鮮魚の身はクエよりも透明感があり、あっさりしていますが、確かな甘味があるそうです。

鍋食材にする場合は、加熱とともに身がギュっと締まるため、大きいモノほど脂ものって美味しいそうです。

5キロから10キロぐらいの魚体が使い勝手がよく若干高めに取引されるようです。

クエは高すぎるので、ホウキハタにターゲットを変更かな。

img_9219 img_9216img_9218

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー