トピックス

バラハタではないです!アカハタです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

赤い色の魚を一生懸命写真を撮っていると、最近よく声をかけられます「築地のやつか!」

いいえ違います、それは「バラハタ」で目の前にいるのはアカハタです。

休市日に激震が走りました。ネット上に「築地市場で有毒魚を誤販売」のニュースが流れました。

販売されたのはハタ科の魚「バラハタ」です。どうやら仲卸業者が「スジアラ」と勘違いして販売したようです。因みにスジアラもハタ科の魚です。

バラハタの尾鰭は、三日月形で、各鰭の後端が黄色なのが特徴です。加えて体側には青色や桃色の小斑があり、識別となるそうです。

アカハタもバラのように鮮やかな赤色ですが、体の横縞がトレードマークで背鰭は縁が黒く、尾鰭は直線的です。表面は目が眩しくなる色彩ですが、捌いて見るとさすが、ハタ科の魚、透明感のあるキレイな白身です。

ネット上にはアカハタの刺身は値段の価値があると示されていました。見ていても食べてみたいと思わせる身質。刺身がお勧めですが、煮付けや鍋も美味しそう。

アラからは出汁が出るので捨てずに利用して下さい。

IMG_2213 IMG_2231 IMG_2234 IMG_2271 バラハタ

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー