トピックス

ピンクの発泡は佐渡寒ブリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夏季に北海道周辺へ北上し、冬季に南下する3歳以上の大ブリと言われるサイズは、11月下旬から12月上旬に最初の群れが南下を開始し始めます。

冬型の気圧配置が強まり、「雷起こし」と呼ばれる雷が鳴りだすころ、ブリは新潟沖を通過の際に佐渡の定置網にかかります。このブリを佐渡寒ブリと呼びます。

と言っても獲れるブリが全て佐渡寒ブリと呼ばれるのではなく、9キロ以上の腹が肥えたぷっくりした魚体のものをいうそうです。

そしてピンク色の発泡ケースに1匹ずつ大切に納められています。因みに氷見寒ブリは青色、佐渡寒ブリはピンク色と発泡ケースを見れば産地がどこか一目瞭然です。

佐渡のピンク色は何をイメージしているか皆さん知ってますか?新潟県の「県の鳥」、佐渡市と輪島市の「市の鳥」でもあるトキの色なんですよ。

佐渡で水揚げされた天然ブリは日本海の荒波でもまれて身には脂がのり、旨みが違うんですよ。

佐渡寒ブリ、是非ともご賞味下さい。

img_1848img_1846 img_1847 img_1850

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 最近、鎌倉市漁協より朝網のアオリイカやメバルが出荷され、高値で取引されています。
  2. 特種相対品課石川社員のセリ場に、気になる黄色い箱を発見。
  3. またまた予想が的中し、5度目のブリ・ワラサが登場しました。
  4. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー