トピックス

フルートのような口、アカヤガラ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

魚体全てがユニークな魚、アカヤガラを紹介します。

入荷数は多くはないが、珍しいものではなく普通にセリ場に置かれ売られています。

海ヘビみたいに長い魚体に長い口吻を持った棒のような魚です。その形が矢の柄に似ていることから「矢柄」と呼ばれ、英語表記はsmooth flutemouth 、フルート口、外見そのものですね。

旬は、夏とか秋から冬など様々ですが、一年を通して比較的味が落ちない魚です。

見ての通り可食部は全長の1/3くらいと歩留りが悪い魚ですが、口の部分は良い出汁が出るそうですよ。そして肝心のアカヤガラの味なんですが、白身で上品かつ甘味があり、美味しいそうです。

多少小骨が多い魚なので、キチンと取り除いて下さい。筒状の魚なので、捌くのも背開き、少し慣れないと難しいですね。

写真は頭部を中心に撮りましたが、尾っぽもユニークな形をしていることが分かり、次回は画像に残したいと思います。

IMG_2849 IMG_2850 IMG_2743 IMG_2820

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー