トピックス

ブランドは、高いハードルを越えたとこにある時鮭(時知らず)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「トキ」「時鮭」などと呼ばれる秋以外に獲れる若い鮭、時鮭。

本日は、北海道釧路昆布森産船上活〆の時鮭が入荷しています。季節外れに獲れるので、「時知らず」と名前がついたとも言われています。

北海道の前浜の定置網漁で獲れる時鮭は、数が本当に少なく、1日数尾と言う日があるくらい貴重な鮭です。

昆布森の時知らずは、前浜の定置網漁で漁獲され、鮭が活きている状態で水揚げされるため、鮮度が高いのが特徴です。

また網を引き上げた時に、1本1本丁寧に船上で全て活〆されています。

魚が暴れるとストレスがかかり、旨味成分が減少してしまい。そのため水揚げ後すぐに活け〆を行うことでストレスをかけず、鮮度と魚が持っている

旨味を維持させています。

時知らずの美味しい食べ方ですが、代表的な調理方法は“塩焼き”。

もともと脂がのっていてそのままでも美味しいのですが、火を通すことで身がふわっとしてジューシーな味わいと上品な旨味を感じとれます。

そして、刺身も絶対にお勧めです。最近の人気回転寿司ネタの断トツNo.1は、サーモンです。

もしも、時知らずの味を子供が知ったら大変ですよ(笑)。

IMG_7527 IMG_7531 IMG_7524

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー