トピックス

銀毛鮭、ブランド鮭「雄宝」見つけた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

残念なことに秋鮭の入荷量が非常に少ないですね。

これだけ何もかも不漁だと鮭を獲る漁師も困れば、当社のような水産卸売会社も売上が伸びず大きなダメージです。

秋鮭を語るには食べない語れないので、先週末に仲卸の八丁平で知床産鮭フィーレを購入しました。

養殖のアトランティックサーモンのような脂はないものの、ジューシー、とにかく瑞々しいんです。

先日はホイル焼きにして食べましたが、玉ねぎ、舞茸、えのき、プチトマト、塩、コショウ、バターと特別なモノを用意しない所がイイです。

誰でも美味しく簡単に作れるので、親子で作ると楽しいですよ。

こんなに秋鮭の入荷が少ない中で、特別な鮭=ブランド鮭を発見しました。その名は「雄宝」です。

北海道北部にある雄武町(おうむ)は、長いオホーツク沿岸地域のだいたい真ん中に位置します。

雄武前浜沖の指定された定置網で漁獲された秋鮭のうち、銀色に輝く3kg以上のシロサケ=銀毛鮭だけを厳選したものにのみ名付けられるのが「雄宝」です。

出荷される「雄宝」には1尾、1尾にシリアルナンバーを付与されて出荷されてきます。

ちょっと興味湧きませんか?

加えてもっと特別なモノが雄武町にはあるんです。それは、雄武前浜産めじか(目近)です。

めじか(目近)とは、遠い海から回遊してこれから産卵に入る鮭で、産卵までおよそ25~60日に漁獲された鮭のことを言います。

総水揚げ量のわずか数パーセントしか水揚げされない、非常に稀少な鮭だそうです。

今度、セリ場で見つけてみたいと思います。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー