トピックス

ブログネタ探しに一苦労。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セリ場にサカナが少ないなか、ブログの救世主がいました、網走の釣きんきです。

北海道は通常だと台風が接近・上陸するのは年に1度か2度。しかし今年は、台風7号、11号、9号と順不同に3連続上陸と、今回の台風10号と道内に大きな被害を齎しました。

網走東部と北見地方は、未だに今日の昼前まで大雨による土砂災害、河川の増水や氾濫に警戒が必要な状況です。

そんな状況のなかでも、サカナを出荷して頂ける荷主に感謝してもし尽くしきれないです。

本題の釣きんきは、網走漁業協同組合の登録商標なので、ここでは平仮名で標記します。

北海道では一般的に「キンキ」と言いますが、網走では親しみを込めて「メンメ」と呼んでいます。

(メンメとは北海道の方言で、目、おめめ、頭髪のことを言います。)

尚、標準和名は、キチジ(喜知次)」です。

網走の釣きんきは、兎に角色艶が全然違うし、写真に修正でも入れているかと思うくらい。まるでリップグロスのように光沢があり、魚体がとても綺麗です。

網走では主に延縄漁と言う漁法で、魚体に傷つかないように漁獲されています。

(尚、キチジ延縄漁を許可されているのは、網走だけだそうです。)

値段は聞かない方がいいですね。筆者大好きなサカナですが、釣きんきを家族4名分買ったら福沢諭吉を何人か集めないといけないかな。

だから、釣きんきは見て楽しむモノだと決めています。

因みに、網走の釣きんきは例えるとピラミッドの頂点、次に北海道産、東北産と値段が変わっていきまが(漁法によっても違います。)、

高級魚であることに間違いありません。

本当に話題に出来るサカナがいて良かった、正に救世主です。

IMG_8630 IMG_8635IMG_8629

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 台風が通り過ぎたから3日して、やっと本格的に入荷が戻りつつあります。
  2. 「ビノス」の愛称で呼ばれている、ホンビノスガイ。近年販売に注力し、セリ場の市民権は獲得済。
  3. 生筋子が高い!!!!!秋鮭漁が不漁で、副産物<主役の生筋子の入荷も当然少ない状態です...
  4. 今日9月2日は、第一土曜日。第一土曜日と言えば、ハマの市場を楽しもう(市場市民開放)。
  5. 先週末の29・30日の両日、横浜港にある大さん橋ホールにて「大さん橋だいにんぐ」が開催されました。

アーカイブ

市場カレンダー