トピックス

プカプカ日光浴、マンボウ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平塚市漁協の追っ駆け朝網で珍しい魚が来場しました、マンボウです。

水族館では大人気者ですが、市場で取引されている金額はビックリするくらい安値です。

今入荷したマンボウは、今まで入荷したなかでも一番新鮮、目の輝きが違います。

マンボウはフグ目マンボウ科の仲間ですが、フグとは皮膚が異なり、カチカチ、到底包丁が入る堅さではなく、ノコギリが必要なぐらいです。(まるで鉄板です)

マンボウはとても泳ぎが下手で、自然界では写真のように水面下にカラダを横たえているそうです。

マンボウは、ただ海面をプカプカ浮かんでいるのではなく、この行動はカモメなどの海鳥に寄生虫を取ってもらうため、あるいは日光浴による殺菌が目的ではないかと考えられているそうです。

可愛い顔をしたマンボウですが、可食部は内臓や肝臓で、焼き肉のホルモンみたいな食べ方をするそうです。

マンボウは、まだまだ面白いエピソードがあるようです。これから年に3~5度くらい入荷するので、その都度面白そうな蘊蓄を紹介したいと思います。

なお千葉県南房総市では、通年マンボウの水揚げがあるようです。一度刺身を食べてみたいな。

IMG_2862 IMG_2863 IMG_2864 IMG_2872

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー