トピックス

ホウボウは今、脂のってる旬です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一年を通して獲れ、美味しいサカナ、ホウボウ。中でも12月から2月ごろまで冬の時期は脂がのって最も美味しい旬です。

市場には活魚、活け〆、氷締めなど様々な方法で出荷されています。今日東京湾内湾富岡のセリではキロ当たり夏目漱石1人に少し足さないと買えない値段。活け〆愛媛八幡浜産はキロ当たり守礼門ぐらいの相場です。

見ての通り頭がデカイので刺身にすると歩留りが悪く可食部が限られてしまいます。

しかしホウボウはカサゴ目に属するサカナであるため、やはり煮付けやアクアパッツァなど骨から出る美味しい出汁を楽しむ料理の方が素材を活かせると思います。

今の寒い時期には汁、鍋が絶対お勧めです。筆者の私見ですが生の刺身では全く癖のない味わいなのですが、煮付けは少々臭みを感じたのは気のせいなのか。

筆者も子供もトマトや香草などと合わせた方が食べやすく白身の旨味を引き出してくれると思います。

味の好みは千差万別。生でも煮ても焼いても美味しい旬のホウボウを自分好みの調理方法で頂いて下さい。

img_2862 img_2895 img_2864 img_2874 img_2875

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー