トピックス

ホンビノスガイは〇〇すれば旨味が引き出される!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ビノス」の愛称で呼ばれている、ホンビノスガイ。

近年販売に注力し、セリ場の市民権は獲得済。

しかし家庭の認知度は、まだまだこれから・・・と、言う事で・・・

 

『旨いのか!?ホンビノスガイ』レッツチャレンジです。

使うホンビノスガイは、横浜市場の絶大な人気を誇る長井水産㈱さんの本日入荷品。

1個100g。本場アメリカではチェリーストーンくらいのサイズですかね。

水洗いしてから、ロースターへ投入。

5分で焼き上がり。

一口で頬張れば、プリプリの身に、程よい塩味が加わり旨味は十分。

まず、期待を裏切る事はないでしょう。

アメリカでは広く漁獲されており、ホンビノスガイは家庭の味になっている地域も。日本のハマグリと同じ感じなんでしょうね。

ハマグリと違う点は、とにかく殻が厚い事

本場ではハードクラムと呼ばれるくらいですから・・・大きな物は碁石が作れそうです。

もう一点は、価格が安価な事。今日の相場は国産ハマグリの3分の1。

漁獲が安定している事と、長井水産さんの企業努力があってのことでしょう。

 

小森セリ人に美味しいホンビノスの見分け方を伺いました。

①鮮度が良い事。(市場では活きているホンビノスしか入荷しないとの事。)

②持って殻が厚くずっしり重いもの。(身入りが良いとの事。)

おススメ調理方法はフライパンに並べて酒蒸しに。仲卸さんいわく「焼く」事により旨味が引き出せるとの事。

食べごたえ十分!ホンビノスガイおススメですよ~

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー