トピックス

ポーションとシュリンク。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜカニやエビを見ると、ワクワクしてしまうのはなぜなんでしょうか?!

今日もセリ場や低温売場でカニを見つけました。

商品の表示にポーションやシュリンクとされていますが、皆さん意味を知っていますか?(私は正直、この仕事に従事して初めて知りました。)

蛇足になるかもしれませんが、ここでご説明します。

食材の業界では、小分けに冷凍された食材のことをポーションと言います。英語表示はportion、「部分」「一人前」などを意味します。

タラバガニ脚ポーションであれば、脚だけ入っているので天婦羅、シャブシャブと調理しやすいですよ。

次にシュリンクですが、英語表示は、shrink、「縮む」「つまる」などと和訳されます。

シュリンクとは、カニをサランラップみたいなもので包装したものを言います。カニの鮮度を維持するため、ブレースという氷の膜を表面につけた状態でシュリンクフィルムで包み込んでいます。

鮮度維持と持ち運びの容易さを求めたのがシュリンク包装となります。

味の感じ方は、千差万別なので、受け取る人によりますが、素材そのものを生かし、余り人の手を加えない方が美味しく頂けるそうです。

茹でたり蒸すより生、ポーションよりも1匹丸なもの、と言っても家庭の冷蔵庫にタラバガニ1匹は難しいですよね(笑)。

IMG_7003 IMG_7004 IMG_6987 IMG_6984 IMG_7005 IMG_7002

関連記事

ピックアップ記事

  1. 雪がチラチラ。今日の横浜中央卸売市場。冷凍セリ場に目新しい商材が入荷。
  2. 徐々に入荷量が多くなってきましたよ、クリオネ。
  3. 富山県よりとてもユニークな顔をしたサカナが入荷してきました、ウマズラハギです。
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー