トピックス

マツカワガレイはカレイの王様、その名に恥じない存在です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美味しいカレイを食べてしまいました、マツカワガレイです。北海道白老で獲れたものでした。

カレイというと真っ先に連想するのが煮付けだと思いますが、マツカワガレイは違い刺身なんです。

それが証拠に頭付近の延髄切りの痕と血抜きのために尾の方にも傷跡が・・・・・。活〆がなされています。

img_1722 img_1763 img_1762

マツカワガレイを刺身にして食べるには5枚おろしにしないと駄目なので、挑戦する前から不戦敗。刺身もいいけど煮付けでも食べたいと思い尾の部分だけ5枚おろしにして残りは煮付け用に切り分けてしまいました。

刺身はお見せできるレベルではないので、写真は撮らず煮付けだけ写真に撮りました。

そう「幻の魚」「カレイの王様」と呼ばれているマツカワガレイは味の方も王様級。白身でシコシコした食感、噛んでいると、どんどん甘味が口の中に広がってきます。そしてエンガワが脂がのってこれまた美味しい。魚体が大きいのでエンガワは堪能できますね。(但し、魚を捌く技量が伴っていればの話ですが(笑))

煮付けはババガレイとは違った良さがあり、生であんなにしっかりした歯ごたえがあったのに、煮てみるとふかふかで骨から身が離れやすく食べやすいです。おそらく身の繊維が細かく密度が高いのでこのような食わいが出てくるのだと思います。

素人のコメントで十分にサカナの良さを伝えられませんが、絶対に食べる価値ありますよ。

img_1746 img_1747 img_1731

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー