トピックス

マンボウ捕獲!どうやって捌くの?(川長三晃丸)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

筆者、平塚市漁協で「初体験」しちゃいました。

何が?!あるものの船上解体ショー、そしてあるものを少し食べちゃいました。

あるものとは、マンボウ。

平塚市漁協の川長三晃丸の定置網にかかったものです。(画像は別のもの。)

水族館では縦に泳いでいて、とても可愛らし容姿が大人気です。

しかし、自然界ではマンボウは泳ぎが非常に下手過ぎて、波に乗って横たわり浮かんで(浮遊している?)いるだけだそうです。

マンボウの解体の様子は、ご覧の通り。

分厚い皮を出刃包丁で切り裂いて行くと、薄いピンク色の身肉が姿を現します。

見ていると、マグロの解体同様にかなりの力仕事。

血飛沫が飛び交う、凄惨な目を覆うみたいな世界ではなく、ただただ丁寧に、根気強く、皮から身肉を剥ぎ取るイメージです。

雨の中、そして揺れる船上での作業ご苦労様です。

食材としてのマンボウの立ち位置はどうなのか?

市場で高値で取引されるのは、肝。

見た目はとてもキレイでしょ!海のフォアグラと喩えたいですが、その代表選手と言ったらカワハギです。

しかし、入荷量から考えたらマンボウの方が稀少価値あるかも。

身肉や内臓と肝を合わせた「友和え」が有名なレシピだそうです。

そして、処理後のマンボウが放置されていたので、身肉を少し摘み喰いしちゃいました。

本来、湯通し等の処理を施しますが、新鮮なので生でも大丈夫と聞いてチャレンジです。

その味は、正直「サカナ」ではない食感。まるでエイを食べている感じです。

口に入れた瞬間は何も気にならないのですが、噛み続けているとサカナ臭さが鼻を通ります。

正直、不味くはないが食べ方を工夫が必要だと感じ、「友和え」と言う料理に納得しました。

人間の食欲、恐るべし。いつからマンボウは食べれれるようになったのか?

何と江戸時代の中頃には、京都の公家がマンボウの身をお吸い物で食べていたそうです。

グルメを自称する人は、マンボウ料理外せないですね。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. どんより曇っているハッキリしない天気、湿度が高いせいかムシムシして不快指数急上昇中です。
  2. 市場は本当に面白い!アジひとつとっても、地元神奈川県(長井、本牧)、三重県、長崎県、愛媛県な...
  3. 本日も平塚漁港の朝どれ鮮魚『追駈け』入荷~!!1番札は・・・型の良いヒラメから始まり...
  4. 折角、夏休みに突入したのに、本格的な「夏」を満喫出来ないですね。
  5. 第一土曜日、ハマの市場を楽しもう(市場開放)が開催されました。

アーカイブ

市場カレンダー