トピックス

ムギイカは2017年生まれです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。

ムギイカ?そんなイカいるの?

はい、正式名称はスルメイカ。日本で最も食べられているイカです。

ムギイカ=麦イカ、冬小麦の収穫時期と、今年生まれの子供スルメイカの獲れる時期が同じ頃なのでこのように呼ばれています。

ムギイカは小型で身も薄めで柔らかく、非常に美味しいです。

どうやって食べているのか?興味があったので調べてみました。

すると圧倒的に件数も多く、トップに掲載されていたのが「沖漬け」です。

イカは種類を問わない、どんなイカにも合うようです。

沖漬けで一番大事なものは、タレ。

甘口醤油、味醂、酒、砂糖があればマイ沖漬けのタレが作れますが、市販の沖漬けタレもあるので活用するとイイですね。

少しづつ季節が動き出しています、そろそろ平塚からは「夏の使者」がやって来るかな?!

 

追伸

カタクチイワシが、ムギイカの触手にシッカリ抱え込まれています(笑)。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 追っ駈けでも大量に入荷されるサバ。
  2. 神奈川県内の鮎釣りも解禁より、早いモノで1ヶ月が経とうとしています。
  3. 最近、意外と筆者の魚種の好き嫌いが災いしています。
  4. ズラリと並んだ神奈川県産の朝どれ鮮魚『追駈け』鮮度抜群のため・・・アジもこの...
  5. 特種課のセリ場に東京湾よりカサゴが入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー