トピックス

メジマグロの良さを知って欲しい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

横須賀佐島からメジマグロが入荷してます。

メジマグロは皆さんご存知の通り、最高級マグロの「クロマグロ」の子供です。

相模湾でも五目釣りの高級外道として、とても人気のあるサカナです。

1~2㌔の小さいモノから、10㌔以上のモノまで様々なサイズが、時として掛るようです。

大型(5㌔以上)を狙うのは大変危険を伴うため、慣れている人は別として、通常中小型狙いが中心となるそうです。

小さくても列記としたマグロ、瞬発力はサカナの中でもトップクラスです。

そして口を開けたまま泳ぐことで、水流を取り込んで呼吸しているマグロは、一生涯泳ぎ続けないと死んでしまいます。

マグロは捕まってたまるかと、必死に逃げる、糸を手繰り寄せる。このやり取り釣り人には堪らない時間です。

さて佐島の他に、長崎・上対馬南漁協からもメジ(ヨコワ)が、北海道・松前さくら漁協より成魚の天然クロマグロも入荷しています。

成長するとかなり顔付も変化し、身質もかなり違ってきます。

メジマグロの身は脂分が少なく淡泊な味がし、小さいモノは脂が少ないカツオに近い感じだそうです。

それに対して成魚のクロマグロは、腹にたっぷりと脂がのっています。

どちらが美味しいのか?と言えば、クロマグロと言う人が殆んどではないでしょうか。

最近の刺し身の傾向は、どんな魚でも脂ののったモノが好まれているのでしかたがないですね。

しかし活きの良いメジマグロは、脂が少ない代わりに、さっぱりとした味わいと価格が安いこともあってお勧めのサカナです。

捌くのが少し難儀ですが、一度は食べる価値のあるサカナだと思います。

img_9695 img_9697 img_9700 img_9703 img_9690

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。
  2. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  3. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  4. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  5. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー