トピックス

メバルの煮付けはお手軽に作れます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青森県よりウスメバルが大量に入荷しています。

早春の海釣りの代表選手、「目春」や「春告魚」とも呼ばれています。

暦の上で、一年でもっとも寒さが厳しいころと言われる「大寒」を過ぎたばかり。それでも、少しずつ春は近づいてきているんでしょうか?

そういえば富岡よりクロメバルも入荷してきましたが、同じ種類の魚で全く違った色彩に驚かされます。

外見もキレイなサカナですが、内臓もとてもキレイでクセの無さを魚を触っていても感じ取ることができます。

今回は定番中の定番、「煮付け」を作りましたが、唐揚げ、西洋風鍋「アクアパッツア」なんでカラダも温まりますよ。

なぜメバルの煮付けが簡単なのか?!メバルの身はしっかりした白身なんですが、煮崩れに強いので多少火加減を間違えても、外見上手く作れるんです。

味付けは醤油、味醂、日本酒(料理酒)、砂糖、塩、水を一般的なレシピ通りに配合すれば良しです。

風味良く濃く炊くには、水は最低限にして、勿体ないですが日本酒のアルコールを沸騰させて抜いたものを使った方がイイですよ。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週は、どんな珍客が市場にやってきたのでしょうか?まず1番手は、板マスです。
  2. 先日、仲卸㈱ムラマツの店先であるサカナの色に驚かされました。
  3. 追っ駈けでも大量に入荷されるサバ。
  4. 神奈川県内の鮎釣りも解禁より、早いモノで1ヶ月が経とうとしています。
  5. 最近、意外と筆者の魚種の好き嫌いが災いしています。

アーカイブ

市場カレンダー