トピックス

メバルは胸ビレで確認。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は鎌倉よりアオリイカ、スミイカ、メバル、トビウオが入荷しました。鎌倉で水揚げされる魚は、とてもキレイです。特にメバルにはついつい魅かれてしまいます。

メバルには釣り上げた時の体色で赤、青、黒(褐色)の3種類がいると言われていましたが、それぞれ死後の体色で判断し、赤、黒、茶をA型、B型、C型に分類しているそうです。

A型は生きているときの体色は赤、死後の体色は赤、胸ビレの軟条数15本、沖で獲るよりテトラポッドや岩場などの浅場に生息しています。体高はあまりなくスマート。赤メバル、金メバルと呼ばれている。

B型は生きているときの体色は緑、青黒く死後の体色は黒、胸ビレの軟条数16本、回遊性が高く、磯などの潮の強いところに生息しています。青メバルやサバメバルとも呼ばれているそうです。

C型は生きている時の体色は黒、褐色、死後の体色は茶、胸ビレの軟条数17本、生息場所はA型と被り浅い岩礁域、藻場におり、一般的にメバルと言ったらC型のことで、黒メバルと呼ばれている。

いくら無神経でもセリ場で胸ビレの数はさすがに数えることはできないです。今度自分で買って確認したいと思います。

IMG_4084 IMG_4085 IMG_4181 IMG_4162

関連記事

ピックアップ記事

  1. でっかいマダラ、今日はなぜかメスばかり入荷されています。
  2. 兵庫県淡路島、愛媛県宇和島、そして長崎県よりお馴染みのサカナが入荷してます、マアジです。
  3. フグ太郎:「お名前教えてくれるかな?」謎の魚:「・・・」フグ太郎:「どこから来たの?...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー