トピックス

ユニークな魚No.1アカヤガラ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、仲卸店舗(株)ムラマツで丸々太った胴体、しかし顔はほっそり、今が旬のアカヤガラを発見しました。とにかく姿形がユニークな魚と言えば、アカヤガラがNo.1です。

生息域は北海道から九州の日本海、東シナ海、太平洋沿岸、瀬戸内海、沖縄・・・・・。

日本のどこでも獲れる魚なんですね。

漁法は釣りや定置網、平塚市漁協からの追っ駆けで活けアカヤガラが入荷したら面白いんだけどね。

可食部が少ないので割高感がありますが、一般的に捨ててしまう頭の部分については汁にすると美味しいそうです。

鯛骨を使った出汁、スープ同様に、アカヤガラの頭も使えるそうです。

メインの身質ですが、キレイで透明な白身魚です。筆者は回転寿司のネタとして2貫食べたことがありますが、シッカリとした噛みごたえのある食感が印象的でした。

おそらく筆者は、アカヤガラを捌くことは一生ないと思いますが、もし丸のままで入手できたら、皆さんYou Tubeを視聴しながら是非挑戦してみて下さい。

IMG_7318 IMG_7323 IMG_7321 IMG_7324

追伸

店頭でブドウエビのパックを発見しました。千葉県から入荷したもので、市場にも入荷が少ない貴重なエビです。

生きているときは、緋色(赤い)ですが、時間が経つと巨峰のような色になるんですね。

写真のパックで6500円(税込)なので、いかに高価かがわかりますよね。

明日からは年末の仲卸店舗の風景も紹介したいと思います。

IMG_7325

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やったー!思いつきで始めた「先週の市場への珍客を紹介します」も、やっと二桁10回目となりました。
  2. 今日も、小柴から数多くの魚たちが入荷してきました。
  3. 水産物部経営ビジョンの活動の一環で、金沢区にある柴漁港に行ってきました。
  4. 夏と言ったら岩ガキ、かなり強引ですか?しかし、セリ場には茨城県、新潟県、鳥取県などから大量に...
  5. 仲卸㈱ムラマツの村松社長より取材協力の連絡があり、すっとんで伺いました。

アーカイブ

市場カレンダー