トピックス

ユメカサゴは別名、ノドグロと呼ばれています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関西のセリ場で、連子鯛に同化するようにキレイな光線を放つ魚を見つけました、ユメカサゴです。

早速その場でスマホで調べたら、記事になりそうな面白い魚です。ユメカサゴは別名、ノドグロと呼ばれているんです。

さすがにこの場で魚を捌いて見ることはできませんが、お腹の中は真っ黒!!口の中はチェックが出来るのでチョット失礼して見てみると大きな口を開けるとやはり真っ黒でした。

サヨリと同じように光を遮蔽しているんでしょうか、不思議です。

アカムツと同じノドグロと呼ばれるユメカサゴですが、味も値段も肩を並べる高級魚です。

近海の水深150メートルから200メートルの砂泥地に生息するユメカサゴは、白身で全身脂の乗った美味しい魚です。

根魚に赤い体色をしたものが多いのは、アスタキサンチンを多く含むエビやカニを沢山食べているから、味は間違いないでしょうね。

皮下にゼラチン質の部分があり、ここが特に味がいいらしいです。

筆者は残念ながら、アカムツもユメカサゴも食べたことがありませんが、機会を見つけて買ってみたいと思います。

IMG_0866 IMG_0864 IMG_0860 IMG_0878

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー