トピックス

レアなカニです、トゲノコギリガザミ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は、なぜか茹でたものが入荷しています。ガザミ界の王様、トゲノコギリガザミです。

ガザミの語源は、ハザミは強靭で強く、はさまれるとケガをするほど。それで「カニであってはさまれると痛手を負うことからカニハサミ」となり、これが短縮されて「ガザミ」になったと言われています。とにかくハサミがでかい!

どれだけの身肉が入っているのでしょうか?想像するだけでワクワクします。

トゲノコギリガザミは千葉県以南、沖縄、八重山諸島、インド西太平洋、ハワイ等に生息し、当市場には静岡県の浜名湖から活けモノも入荷しています。

呼び名も様々あり、沖縄ではマングローブガニ、静岡県浜名湖ではドウマンガニ、高知県ではエガニ(江ガニ)などと呼ばれています。

味はどうなのかと言うと、見た目の期待を裏切らないもので、かなり濃厚で独特な磯の香りと甘味がギュッと殻の中に凝縮していて美味しいそうです。

浜名湖では幻のどうまん蟹とも呼ばれるくらい漁獲量も少ないカニです。機会があったら是非食べて欲しいです。

img_9919 img_9918img_9917

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー