トピックス

ワカシ、小さくても列記としたブリです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブリの子供ワカシ、平塚市漁協の追っ駆け、川長三晃丸より入荷です。

ブリは成長と共に呼び名が変わる出世魚ですが、呼び方、名前は地方で色々ですが、

・ワカシ(~35センチ以下)が大きくなるとイナダ(~60センチ)

・イナダが大きくなるとワラサ(~80センチ)

・ワラサが大きくなると最終形態であるブリとなります。

幼魚から成魚へと成長する過程で魚体サイズが大きくなるのは勿論ですが、食感や味の違いも変化して行きます。

まず味で言うとワカシは脂が少なめです。そして同サイズの大衆魚アジと比べると、ワカシの方が身や食感がしっかりしています。

ワカシの食べ方は、やはり刺身が定番です。尾頭付きのブリの丸ごと塩焼きは家族では無理なので、ワカシでその雰囲気だけでも味わってはどうですか。

若い身質でプリプリなので、三枚にも捌きやすいと言われています。今度機会があれば挑戦したいと思います。

IMG_5607 IMG_5610 IMG_5609

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  2. 誰かのせいにしたくないけど、アニサキス食中毒の影響は確実に出ています。
  3. あじ!アジ!鯵~!!明日から日中気温が30℃近く上る予報が出ている横...
  4. おおっ、春シャコ!特種相対品課小森社員のセリ場で、キレイにボイルされたシャコを発見。
  5. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。

アーカイブ

市場カレンダー