トピックス

ワカシはシェフの想像力一つで美味しく食べれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この魚なに?と思わず聞いてしまうワカシが、コンスタントに平塚市漁協より入荷しています。

小さいけど成魚なの?それとも幼魚なの?

よ~く見てみると、大人になった姿を想像できます。=ワカシはブリの子供です。

それもピカピカの一年生、少し古いワードで筆者の年齢がバレそうです(笑)。

「こんな小さなブリの子供を獲って勿体ない!」と考える人もいると思いますが、定置網漁は魚種も魚の大小も選べないので仕方がないです。

そう言えば、先日行われた市場開放日の地魚つめ放題の際も、ダンベの中に大量のワカシが紛れていました。

そもそもブリの幼魚なので不味いことはないワカシですが、最大の特徴はブリ特有の脂ののりがないことと、しっかりとした歯応え・食感です。

ではどのような料理方法が良いのか?

①オーソドックスに塩焼き、尾頭付きで見た目はバッチリ。でも少しあっさり過ぎるかも。

②脂分が少ないのでバターやオリーブオイルを使ったムニエルや香草焼きなど。

③食感を楽しむためにカルパッチョやマリネなど。

成長の度合いで味わい方がかなり異なるワカシは、安価に入手可能なので1度に複数の料理に挑戦するとイイですね。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 追っ駈けでも大量に入荷されるサバ。
  2. 神奈川県内の鮎釣りも解禁より、早いモノで1ヶ月が経とうとしています。
  3. 最近、意外と筆者の魚種の好き嫌いが災いしています。
  4. ズラリと並んだ神奈川県産の朝どれ鮮魚『追駈け』鮮度抜群のため・・・アジもこの...
  5. 特種課のセリ場に東京湾よりカサゴが入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー