トピックス

三の字と呼ばれるニザダイ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

市場であまり見かけない魚を発見しました。城ケ島漁協からニザダイが入荷です。

ニザダイ、漢字で書くと仁座鯛、名前の由来は「にざ」は「にいせ」「にせ」から転訛。

新背(にいせ)とは青二才の語源で、新しく大人の仲間入りができた若者のことで、ニザダイとは、「青二才の鯛」もしくは「鯛仲間の端くれ」の意味です。

別名はサンノジ(三の字)と呼ばれ、尾ヒレの前に4~5個の楕円形の黒っぽい斑点が並び、このうちの3個は大きくて目立ちます。この斑点を漢字の「三」に見立て、このように呼ばれています。

ニザダイはネットで調べると賛否両論ある魚なんです。

どうやら個体差があるものの、大方の意見が磯臭い、内臓の処理は気をつけろと言うものでした。

獲れた場所や時期によってどんな魚でも味は違います。もし臭いが気になるのなら、スパイス等香辛料を使って上手に調理して下さい。

あとは釣って自宅に持ち帰る際は、血抜きと内臓処理をキチンと行うことをお勧めします。

基本白身の魚ですから、刺身や洗いもいけるそうです。比較的冬の時期はハズレが少ないようです。もし魚屋の店先で見つけたら、是非買ってみて下さい。

IMG_8882 IMG_8887

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー