トピックス

三浦市南下浦町のアジには目が眩みます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久々、朝どれ追っ駈けに三浦市南下浦町の㈱魚敬より出荷がありました。

太刀魚、アジ、ミズカマスと魚種は少ないですが、鮮度抜群で良い魚ばかりです。

アジの色の違い分かりますか?

黄色、黄色、黄金色!ちょっと目が眩みませんか?

三浦市南下浦町は東京湾の入り口に位置し、海岸線はリアス式海岸のようにギザギザの鋸の歯のようです。

そのためサバで有名な松輪や、良い魚が獲れることで有名な毘沙門など良い漁場も有しています。

おそらく今日入荷したアジも、瀬付き・根付きと言われるものだと思います。

氷で強く冷やしていないことと、魚が獲れたて新鮮なので、市場に到着しても魚は死後硬直していないのでクニャクニャです。

地元神奈川の魚がこれだけ揃う横浜の市場は、私たちの自慢です。

そしてそこには、当社営業社員の集荷力と地元漁協や荷主の皆様の協力があってのことです。

これからも、いい魚を揃えて行きますよ。

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー