トピックス

三種の神器~大物編~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

草なぎの太刀・・・ではございません。

IMG_3009

手鉤(てかぎ)と言います。魚市場必須アイテム。

大物担当は、手カギで、マグロを移動させます。

しかも、小太刀と大太刀のように、常に二本差しです。

IMG_2962

100㌔近くあるマグロ達を、手足の様に手カギを操り、あっちへこっちへ移動させます。

競りまでの準備時間は短く、主役のマグロ達を手際よく陳列していく作業は、まるで舞台袖の仕事人。

大小の手鉤・・・鉄板入りの長靴・・・セリ人章の3つは大物3種の神器。・・・(忘れると仕事になりません)

仕事人達の仕事っぷりを動画でまとめてみました↓ 手鉤の使い方も必見!

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー