トピックス

三重県尾鷲の「麗ぶり」食べて下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日、一昨日と寒い日が続き、桜の花も開花の時期を焦らされています。

そんな中、春を感じさせる魚が続々と入荷しています。

三重県尾鷲の桜ぶりならぬ「麗ぶり」。

新春らしく、桜の形にかたどられたシールに「麗ぶり」と印刷されています。

さて「麗ぶり」なんですが、なんて呼ぶんでしょう。

麗は音読みで「レイ」、訓読みで「うるわしい」「うららか」。うららかぶりがピッタリですかね。

日本海側の寒ブリ、そして桜の訪れと共に回遊し2~3月頃に太平洋側で水揚げされる桜ぶりや麗ぶりたち。

取引値は寒ブリに比べて4~5分の1とかなり安くなるのですが、味は全く問題なくブライスバリューなサカナになっています。

脂がのっているので、半身で買って食べ切れなくても冷凍保存可能です。

冷凍ブリを解凍しても、ブリ大根やブリの照り焼きなど味付けが濃い目なので全く問題ないです。

ただ産卵期に入ると、腹に子を持ち始めると栄養が卵に集中し、身がパサパサになり不味くなります。

今はまだ美味しく食べれる限界値、お求めやすくなったブリを思う存分堪能して下さい。

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週、生筋子を紹介しましたが、親もセリ場で発見しました。
  2. な・・・なんて事をさせるんだ!!お母さん!ぼらジローの誘惑にのってはいけない・・・あ...
  3. 夏の高級魚メイチダイ(目一鯛)を鮮魚課のセリ場で発見。
  4. 昨日、仲卸で初物買っちゃいました「サンマ=秋刀魚」です。
  5. ここ数日、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸からの朝網追っ駈けがないんです。

アーカイブ

市場カレンダー