トピックス

久しぶりに再会紅瞳、少し変わった?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

青森大間のマグロ、大分の関サバ、地元神奈川では松輪のサバ、小柴のアナゴ等々。

全国には名だたるブランド魚がいますが、長崎県対馬市上県町のブランド魚紅瞳』が入荷しました。

久々の再会、しっかり氷で冷やされて出荷されています。

氷焼けによる魚の変色や乾燥防止のために敷かれているパーチ(水産用)は、従前と変わらず紅瞳に因んで「紅色」。

しかし、パーチの上の氷を触っていると・・・・・。

あれ?すぐに溶けた!

普通の氷じゃない。

まるで雪のようにソフトな感触の氷。

凄い、魚のためにこんな氷を使うなんてさすがブランド魚の『紅瞳』

ちょっと撮影のために魚を持ち上げたら、アカムツの最高の脂を感じました。

テカテカしているのは加工じゃなくて、脂が本当にのっている証拠ですよ。

アカムツは一度食べたら、魚に対するイメージを激変させること間違いなし。

不思議なことに、いくら脂がのっていても食べて胸焼けしないんです。

決して安い魚ではありませんが、市場開放日(第1・3土曜日)に横浜市場に来れば・・・・・。

かなりビックリするような価格で購入できるかも。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー