トピックス

二匹は双子?兄弟?コシナガマグロ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

山口県仙崎から珍しいマグロが入荷しています、コシナガマグロです。

一瞬、クロマグロ(ホンマグロ)の幼魚「メジマグロ」に似ているなと思ったのですが、少し外見が違います。

胸ヒレがビンチョウマグロのように長いみたい、このサカナ何?と思い発泡スチロールをみると「コシナガ」と記載されています。

お初にお目にかかるサカナで、早速ネットで調べてみました。

すると第一印象通り「クロマグロの子供と非常に似ている」、よく間違えられるようです。

コシナガマグロは、大きくなっても1㍍ぐらいしかならない小型のマグロです。

マグロ類のなかでも最も入荷量の少ない種類で、市場関係者でも見分けがつかないことがあるそうです。

コシナガマグロの旬は秋から冬で、味はマグロの王様クロマグロには敵いませんが、十分美味しいサカナだそうです。

クロマグロに比べてやや薄い色の赤身で、身質はキハダマグロに近いそうです。

メジマグロよりも比較的安価になっているので、見つけたら1度試してみるのも楽しいと思います。

img_0183 img_0184 img_0186

関連記事

ピックアップ記事

  1. ちょっと小振りですが、美味しそうな魚が東京湾内湾の富岡から入荷しましたカサゴです。
  2. とてもフレッシュ、ジューシーと言う修飾語がぴったりなクジラが、特種相対品課北村社員のセリ場に登場です...
  3. 『初入荷』で、ございます。
  4. 不思議なものですが、極端に寒い氷点下の日が続くと今日みたいに気温5℃ぐらいだと温かく感じられます。
  5. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。

市場カレンダー