トピックス

五島列島のゴマサバは侮れない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このところ順調にマサバが入荷してきています。

地元神奈川からは、横須賀の長井水産、三浦の松輪サバ、そして高知県室戸岬にある椎名港、三重県尾鷲の定置網で漁獲されたものなど全国各地より出荷されています。

秋ナスと同じように「秋鯖は嫁に喰わすな」と言われていますが、マサバが脂がのって最高に美味しいのは晩秋から翌2月頃までと言われています。

10~11月のマサバを秋サバ、12月から今の時期のサバを寒サバと呼んでいます。

ほとんどのサカナに共通して言えるのが、産卵に向けて体力と栄養を取ろうとして餌を沢山食べている時期のサカナが美味しいようです。

マサバの産卵は、春から初夏と言われています。抱卵し始めると、体中の栄養がほとんど卵に集中するため、脂がどんどん抜けて不味くなるんです。

だから今の時期に獲れたマサバは、美味しいんですよ。

そんなマサバの旬の時期に、長崎県五島列島よりゴマサバも入荷しています。

一般にゴマサバは脂質が少なく、マサバより評価が低く見られていますが、このゴマサバはどうでしょうか?丸々太って美味そうじゃないですか?!

当然釣りで1尾1尾活け締めしたサバですから、鮮度も良く魚体も輝いています。

鮮魚担当の五十子社員に聞くと、脂ののりは普通のサバと比較にならないと自信をもった発言。

五島にはゴンサバ(黄金サバ)、鬼サバ、倭寇サバなど数多くのブランドサバがいます。

ゴマサバも侮れないですよ。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 筆者とフグ太郎くんは、いつもHand To Mouth。
  2. 2度あることは3度・・・・・、ありました3度目が。
  3. やってまいりました。初夏を感じる一品。
  4. キレてるんですか?いやキレてないです。
  5. 敢えてクロダイと呼ばず、チヌと呼んでいいですか?本日、大阪府岸和田より大阪湾で水揚げされたチ...

アーカイブ

市場カレンダー