トピックス

仁丹みたいなジンタ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

わっ、可愛いアジを見つけました、ジンタです。

仁丹?そうそう桂皮など16種類の生薬を配合して丸め、銀箔にコーティングされた薬。

違うけど、きっと見た目からこのように呼ばれるようになったんでしょうね。

(そもそも、仁丹自体を知らない人が多くなってしまったようで、簡単に言うとフリスクのような口臭予防の嗜好品です。)

正体は、マアジの稚魚です。

ジンタアジや豆アジなどとも呼ばれています。

そして、これぐらい小さいと市場では、スーパージンタとも呼んでいます。

こんな小さなアジを何に使うのとお思いでしょうが、手で内臓処理して丸ごと唐揚げや南蛮漬けなどで美味しく食べれます。

アジは脂質少なめで良質なタンパク質の塊。そして他の青魚に比べてEPAやDHAを多く含んでいます。

しかもジンタはほぼ丸ごと頂けるので、カルシウムそのものの摂取や体内吸収を助けるビタミンDなども豊富なんです。

食べて健康になれるジンタ、是非育ち盛りのお子様に食べて欲しい食材です。

 

追伸

筆者が子供の頃は、諸先輩方の近くに寄ると「ぷーん」と仁丹の香りをさせた紳士が大勢いましたが、最近全く嗅ぐことがない香りです。

なぜか懐かしい、昭和の匂いがプンプンしますね(笑)。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー