トピックス

仁丹みたいに小さいアジの稚魚。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

可愛いアジが入荷しています、マアジの子供「豆アジ」です。

マアジの稚魚ですが、色々な呼び名があり面白いです。例えば豆アジ、ジンタ、ジンダ、アジコ、そして見た目でその名が付けられたと思われるジンタン(仁丹)。

一瞬豆アジを見ると、仁丹のような銀色の粒々を想像させられます。

旬はちょうど今頃の春から初夏の頃、スーパーの店頭にも一山300円ぐらいで売られています。

丸ごと食べれる豆アジですが、今日写真に写っている仁丹サイズのモノだと内臓やエラの処理もしないで、そのまま塩、胡椒、小麦粉をつけて唐揚げで食べられます。

仁丹の一回り大きいサイズだと美味しく食べるには、エラと内臓は最低限処理した方が良いですね。

これだけ小さいので包丁は不要。手を使って下処理ができます。

アジが持つDHA、EPA、タウリン、カルシウム、カリウムなど豊富な栄養素を一度に余ることなく摂取できる豆アジ。馬鹿にしないで食べてみて下さい。

ただし、DHAやEPAは焼く、煮る、揚げるなどの加熱処理をするとその成分の多くが流れ出してしまいます。

できるだけ効率的に摂取するには刺身がよいのですが、豆アジの刺身は想像できないです(苦笑)。

IMG_4060 IMG_4063 IMG_4064 IMG_4068

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー