トピックス

今、キンメダイが高い。それでも食べた~い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、キンメダイが高い!

昨年の暮れ辺りから、そんな話が聞きたくなくても耳に入ってきます。

キンメダイ扱いのプロ、鮮魚課佐藤社員にそのへんのところ聞いてみました。

静岡ブランドの稲取、神津島など小笠原の島廻り、千葉の勝浦・銚子・東京湾口など、ほゞ切れることなく入荷されるキンメダイ。

実は、ちょっとした異変が起きているそうです。

それは水揚げされる魚のサイズです。

1㌔超のサイズの水揚げが極端に少ないのに対して、500㌘中心サイズのキンメダイが兎に角獲れるそうです。

今までは気になるサイズの偏りはなかったそうですが、どうかしちゃったんでしょうか?

ざっくりした相場感を言うと、1㌔超サイズは500㌘サイズの倍。

取引値の高い1㌔超の水揚げ量が少ないため、売上高が落ちるのは当り前なんですが・・・・・。

売上高は昨年水準を何とか維持出来ているそうです。

と言うことは、かなりの量の500㌘サイズ級キンメダイ水揚げされ、且つ、キンメダイの価格が急騰しているからです。

1年を通して市場で見かけないことがない魚、キンメダイ。

その中でも今の時期のキンメダイは脂がのって美味しいんです。

三枚に下ろして、しゃぶしゃぶで食べた~いな。

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー