トピックス

今ならオス・メスお好きな方を選べますよ、ハタハタ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

御本家秋田県ではありませんが、北海道、青森県より出荷されたビックサイズです。

お腹を見ると「ふっくら」してますね、抱卵したメスです。

それに対して明らかに腹の膨らみ差がありますオスです。

市場ではこの時期普通に見かけるハタハタですが、かつては個体数が急激に減少して資源枯渇なんて時期があったそうです。

無作為に獲り過ぎたり、日本海の海水温の変化や産卵場所である藻場の減少等々の理由から漁獲量は減少トレンドに。

そのため一時期は全面禁漁と言う英断を下し、漁獲量の上限や漁獲サイズ、操業期間の制限などを設け、種苗生産や放流など資源管理の徹底を図ってきたそうです。

その努力の成果としてハタハタの復活、このように立派な魚がセリ場に並んでいるです。

不思議なくらいピュアで純白の身肉は、悪く言うと味も素っ気もないかも・・・・・。

魚自体が独特の個性を主張しないから、和風・洋風・中華どんな料理にも使えるし、味付けも思うが儘に仕上げることが出来ます。

ハタハタを塩水に漬けて後に水気を取り、冷蔵庫内に1日放置しておけば「簡単一夜干し」が出来ますよ。

寒くなった今の時期は、鍋の具材=主役として活用するのもおススメします。

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

アーカイブ

市場カレンダー