トピックス

今の時期のクロムツは美味しいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このところ厚く氷が敷き詰められて、その姿をみることができなかった3㌔超級のクロムツ。

久々に黒く紫がかったその全貌が、明らかになりました。

今日は、東京都は八丈島から入荷しています。

さすが黒いダイヤと称されるクロムツ、兎に角絵になるサカナです。

まずは物凄く鋭い歯。不用意に手を入れたら大怪我しちゃいます。

目もキンメダイに負けず劣らずの魅力的な瞳をしています。

1匹そのものの姿で鮮魚店で販売されていることは稀有な光景で、市場だけの特別なシーンです。

ちょうどウロコが剥がれていたので画像に残してみましたが、ブラスチックのみたいシッカリしています。

ムツの名前の由来は、「むつっこい」「むつい」など脂っぽいという言葉が訛ってムツになったと言われています。

しかし、筆者調理方法を間違えたためなのか、クロムツに何度かチャレンジしたものの「むつっこさ」に出逢えていません。

以前食べたクロムツの煮付け、あ~っ、もう一度トロトロでコテコテのな味わいを楽しみたい。

同じサカナでも産地やシーズンによって味は全然違うと、仲卸でおさかなマイスターの村松社長が話されていました。

クロムツの旬は本来「冬」と言われ、水温が下がることで魚自体に脂がのってきます。

もう4月に入って味の方はどうなんだ?と心配してしまいます。

そうは言っても産卵期である3月~5月であっても、産卵前であれば[ムツコ」と呼ばれる卵もWで楽しめるそうです。

今度こそ、絶対に美味しいクロムツをゲットするぞ。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  2. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  3. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  4. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  5. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。

アーカイブ

市場カレンダー