トピックス

今の時期も美味しいの?対馬のブランドノドグロ「紅瞳」。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

対馬のユーチューバー早田真路さん、お元気ですか?

今日も対馬のノドグロ「紅瞳」が入荷しています。もしかしたら、早田さんが釣上げたノドグロかもしれませんね。

とても良い色艶、ふっくらとした魚体、脂がのって美味しそうです。

ノドグロの旬はいつなのか?調べてみると諸説あるようです。

一般的には、冬の12~2月と言われています。

しかし、各県が推奨する時期が旬と考えるなら、かなり期ズレが生じているように感じます。

秋~冬は島根県や九州地方、冬は石川県、夏は新潟県と同じ日本海側でも全然違いますね(苦笑)。

食べ方も季節による違いがあり、シッカリ脂ののった秋~冬は、塩焼きや鍋。産卵期の夏頃には、子持ちの煮付けや生食(お刺身)で食べられるそうです。

旬に関しては絶対的な基準(漁獲量や魚の脂のり等)はないので、各人が美味しいと思った時期を旬とすれば良いと思います。

ノドグロを購入する人は、「脂のり」を期待して買う人がほとんどだと思いますが、興味深い研究結果を発見しました。

2007年3月に島根県水産技術センターが発表した研究結果に、ノドグロの脂のりに関するものがあります。

その内容は

・脂ののりに年中差がない。

・小型よりも大型の方が脂のりが良い。

・季節的な変動要因よりも個体差の方が因果関係が深い。

・見た目で脂のりは判断できない。

・島根県の「ノドグロ」は脂質が明らかに多い。

どうですか!参考になりましたか?

鮮魚課小島社員に恐る恐る値段を聞いたら、やっぱりイイ値(イイネ)してました。

ノドグロは、高いお金を出しても食べる価値は絶対にあります。

そしてブランドノドグロ「紅瞳」なら、外すことはなく美味しいモノに出逢えるはずですよ。

「白身のトロ」を是非とも食べて下さい。

 

追伸

ノドグロの喉の中は、やっぱり黒かったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー