トピックス

今は、カンパチとブリの豊漁をただただ願うだけ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日、セリ場を歩いていて気になった魚がいます。

それは、ブリとカンパチ。

兎に角、セリ場にドッシリと腰を据え鎮座しているようです。

ブリは北海道で水揚げされたモノがほとんどで、めちゃめちゃメタボで肥満体。

頭の後ろから背にかけて、こんもりと盛り上がっています。=脂がのって美味しい証です。

そしてカンパチ、地元神奈川の横須賀や平塚、長崎県より出荷されています。

これがまたサイズが小さくてもしっかり肥えてます。

ちょっと前までは値段も安くてお求め易かったんですが、魚が良くなって来るのに比例して値段も上昇中です。

ただ高いだけでなく食べて美味しい。

新鮮なのも当然お勧めですが、4~5日経っても平気で生食出来ますよ。

食べる時間をずらして食べると、魚の熟成度合からくる旨味と噛んだ時の食感を楽しめますよ。

サンマ・秋鮭漁は終盤にさしかかり、記録的な超不漁が確実。

起死回生の逆転満塁ホームランを期待したいところですが、全く期待薄で少々諦めムードが漂い始めています。

せめてブリとカンバチくらい、もう少しの間豊漁が続いてくれと願うばかり、筆者が勝手にそう思い込んでしまいます。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  2. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。
  3. 10月の解禁から入荷が続いている「北海道厚岸町のししゃも」黄金色に輝く魚体は、季節限定だけで...
  4. セリ場を見渡すと、北海道厚岸のマルヒロから出荷された発泡のケースが山積みです。
  5. 今日は鮮魚課小島社員から情報をもらい、ちょっとプレミアムな画像を撮ってきました。

アーカイブ

市場カレンダー