トピックス

今年で54歳、マルシンハンバーグ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とても懐かしいものを見つけました、マルシンハンバーグです。

筆者が子供の頃はハンバーグも今ほど手軽に食べられるものではなく、自分でフライパンで焼いてデミグラスソースの代わりにとんかつソースとトマトケチャップを混ぜたソースをハンバーグ一面にかけて食べるのが1つの楽しみでした。

ウィキペディアにも「マルシンハンバーグ」と言うワードで検索が可能なくらいメジャーな食べ物です。

今でこそ、鶏肉、豚肉、牛肉といった肉類が使用されていますが、1962年の発売当初は牛肉が高価だったこともあり、主原料には鯨肉、豚肉、マグロが使われていたそうです。

実は、その当時原料の魚を当社が(株)マルシンフーズに納めていたんですよ。

ハンバーグのパッケージに書かれている女の子「みみちゃん」は、美味しさを意味する「美味」から来ているそうです。

そして「みみちゃん」をよく見てみると、髪の毛のカール、リボンの曲線がそれぞれ魚、豚のしっぽと発売当初のマルシンハンバーグの原材料を表現したデザインになっていたんです。

筆者と同級生のマルシンハンバーグ(1962年生まれ)、今も当時と変わらず100円前後でスーパーで買えるそうです。

しかしネットで調べたら、知らないうちに3種のチーズ入りハンバーグとマルシンハンバーグ贅沢仕立てなる商品も登場していたんですね。

今度スーパーで探して必ず買いたいと思います。

IMG_9346 IMG_9347 IMG_9349

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー