トピックス

今年で54歳、マルシンハンバーグ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

とても懐かしいものを見つけました、マルシンハンバーグです。

筆者が子供の頃はハンバーグも今ほど手軽に食べられるものではなく、自分でフライパンで焼いてデミグラスソースの代わりにとんかつソースとトマトケチャップを混ぜたソースをハンバーグ一面にかけて食べるのが1つの楽しみでした。

ウィキペディアにも「マルシンハンバーグ」と言うワードで検索が可能なくらいメジャーな食べ物です。

今でこそ、鶏肉、豚肉、牛肉といった肉類が使用されていますが、1962年の発売当初は牛肉が高価だったこともあり、主原料には鯨肉、豚肉、マグロが使われていたそうです。

実は、その当時原料の魚を当社が(株)マルシンフーズに納めていたんですよ。

ハンバーグのパッケージに書かれている女の子「みみちゃん」は、美味しさを意味する「美味」から来ているそうです。

そして「みみちゃん」をよく見てみると、髪の毛のカール、リボンの曲線がそれぞれ魚、豚のしっぽと発売当初のマルシンハンバーグの原材料を表現したデザインになっていたんです。

筆者と同級生のマルシンハンバーグ(1962年生まれ)、今も当時と変わらず100円前後でスーパーで買えるそうです。

しかしネットで調べたら、知らないうちに3種のチーズ入りハンバーグとマルシンハンバーグ贅沢仕立てなる商品も登場していたんですね。

今度スーパーで探して必ず買いたいと思います。

IMG_9346 IMG_9347 IMG_9349

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 透き通る青空が広がった、川崎北部支社での一コマ。
  2. 平塚市漁協の川長三晃丸より、ムギイカが追っ駈けで到着です。
  3. 特種相対品課佐々木社員のセリ場で、生牡蠣発見。
  4. 今週も市場に珍客がやってきました。まず初めは、ブドウエビです。
  5. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。

アーカイブ

市場カレンダー