トピックス

今年のサンマはどうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生サンマが、根室、厚岸、釧路より入荷しております。

7月11日にサンマ漁が解禁して約1ヶ月、見た目かなり魚体も太ってきて美味しそうです。

因みに今年の築地初入荷サンマは、卸値㌔25,000円、一尾当たり3,300円だったのですが、現在市場で取引されている卸値は、㌔3,000円を切れるくらいです。

仮に2㌔、15匹入りの箱の場合、6,000円÷15匹=400円。

この値段に仲卸・小売店の利益、運賃、消費税が加算されるので、お店での販売価格は500円を超えてしまうんでしょうね。

もう少し我慢すれば、魚体も太り、もっと脂ものってくるし、値段もお手頃になってくると思います。

しかし、水産庁の平成28年度サンマ長期漁海況予想によると、あまり良い内容ではないそうです。

推定資源量の昨年対比で10%下回り、釧路沖に停滞する暖水塊が漁期初め魚群回遊を拒むうえ、9月以降も魚が南下しにくいようです。

昨年は不漁で、長らく庶民の食べ物として、「値段は100円」「サンマは安い」と言った概念を崩されました。

今年はどうなるんでしょうか?

IMG_8162 IMG_8160 IMG_8161 IMG_8167 IMG_8173 IMG_8179

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー