トピックス

今年のサンマはどうなるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生サンマが、根室、厚岸、釧路より入荷しております。

7月11日にサンマ漁が解禁して約1ヶ月、見た目かなり魚体も太ってきて美味しそうです。

因みに今年の築地初入荷サンマは、卸値㌔25,000円、一尾当たり3,300円だったのですが、現在市場で取引されている卸値は、㌔3,000円を切れるくらいです。

仮に2㌔、15匹入りの箱の場合、6,000円÷15匹=400円。

この値段に仲卸・小売店の利益、運賃、消費税が加算されるので、お店での販売価格は500円を超えてしまうんでしょうね。

もう少し我慢すれば、魚体も太り、もっと脂ものってくるし、値段もお手頃になってくると思います。

しかし、水産庁の平成28年度サンマ長期漁海況予想によると、あまり良い内容ではないそうです。

推定資源量の昨年対比で10%下回り、釧路沖に停滞する暖水塊が漁期初め魚群回遊を拒むうえ、9月以降も魚が南下しにくいようです。

昨年は不漁で、長らく庶民の食べ物として、「値段は100円」「サンマは安い」と言った概念を崩されました。

今年はどうなるんでしょうか?

IMG_8162 IMG_8160 IMG_8161 IMG_8167 IMG_8173 IMG_8179

 

 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 雪がチラチラ。今日の横浜中央卸売市場。冷凍セリ場に目新しい商材が入荷。
  2. 徐々に入荷量が多くなってきましたよ、クリオネ。
  3. 富山県よりとてもユニークな顔をしたサカナが入荷してきました、ウマズラハギです。
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー