トピックス

今年は鮭児はいったいいくらになるの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年はサが付くサカナが不漁で水産関係者は頭を抱えています。

サンマ、サバ、そしてサーモン(鮭)鮭が獲れないので、必然的に生筋子も従前に比べ入荷が激減、価格も高騰しています。

そんな状態の中で超レアなモノに遭遇しました。というよりも何素通りしているの?と仲卸の伊勢三から声をかけられて初めて気づいたんです、その存在に・・・・。鮭児です。

名前だけは皆さんご存知ではないかと思いますが、10月~11月に水揚げされる秋鮭の中でも1万尾に1~2尾しかいない超レアな鮭です。

羅臼漁協発行「鮭児証明書」と「鮭児のタグ」が鮭児のレア感を演出しています。鮭児は、とてもキレイな魚体なので一目瞭然、普通じゃないことに気づきます。

体長はデカい訳ではないのですが、頭が相対的に小さく見えます。これは胴体が丸々太っている証拠で、青々とした背中に脂ののりを感じさせます。

鮭児は、普通と同じシロサケなんですが、他の鮭と違い産卵のために海に戻ってくるのではなく、餌を探して回遊中に捕獲されてしまった若い鮭です。そのため腹に卵や白子が入っていないので、その分脂がカラダ全体に回っています。

キロ10,000円を下らない取引値段。ネット販売で探してみたら羅臼産鮭児1尾2.5キロの販売価格(税込み)75,600円。キロ30,240円、送料箱代等を含めるとこんな値段になっちゃうんでしょうね。

img_0725 img_0728 img_0722 img_0723 img_0717

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. な・・・なんて事をさせるんだ!!お母さん!ぼらジローの誘惑にのってはいけない・・・あ...
  2. 夏の高級魚メイチダイ(目一鯛)を鮮魚課のセリ場で発見。
  3. 昨日、仲卸で初物買っちゃいました「サンマ=秋刀魚」です。
  4. ここ数日、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸からの朝網追っ駈けがないんです。
  5. 特種課のセリ場で「海の宝石」を見つけました。北海道産の生筋子、一年ぶりの再会です。

アーカイブ

市場カレンダー