トピックス

今年もサンマは不漁?誰か否定して下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は最初から目当ての魚が決まっていました。

昨日の時点で、入荷する情報をキャッチしていたからです。

それは「空飛ぶサンマ2号」です。

セリ場を歩いていて、直ぐに厚岸マルヒロの発泡ケースを発見。

近づいてみると、今日のターゲット「サンマ」でした。

丁度、1ヶ月前の7月11日(火)に初登場したサンマ。

釧路に水揚げされた初物の高値が1㌔当り14,000円。

今回の空飛ぶサンマ2号は、魚体サイズの大小(魚の入数)によって値段に違いがありますが、小さいサイズで1㌔7,500円ぐらいの価格で取引されています。

まだまだ走りのサンマ、一般庶民にとっては「高嶺の花」的存在です。

水産庁が今月4日、2017年度サンマ長期漁海況予報を発表しましたが・・・・・・。

来遊量は漁期前半に前年を上回るものの、後半に前年を下回り、漁期全体でも前年を下回ると予想されています。

庶民の味方、サンマ1尾100円!なんて昔話、今やサンマは高級魚。

なんてことにならないとイイのですが、筆者の取り越し苦労であって欲しいです。

 

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. な・・・なんて事をさせるんだ!!お母さん!ぼらジローの誘惑にのってはいけない・・・あ...
  2. 夏の高級魚メイチダイ(目一鯛)を鮮魚課のセリ場で発見。
  3. 昨日、仲卸で初物買っちゃいました「サンマ=秋刀魚」です。
  4. ここ数日、平塚市漁協の日海丸、川長三晃丸からの朝網追っ駈けがないんです。
  5. 特種課のセリ場で「海の宝石」を見つけました。北海道産の生筋子、一年ぶりの再会です。

アーカイブ

市場カレンダー