トピックス

今日の追っ駆けは「イシダイ」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イシダイの体色は、白地に7本の太い横縞が入りますが、成長段階で個体によっては、白色部が金色や灰色を帯びたり、横縞が隣とつながったりもします。

イシダイの幼魚や若魚は縞が明瞭で、シマダイ(縞鯛)、サンバソウ(三番叟)と呼び、成長するにつれて白黒が互いに灰色に近くなり、縞が不鮮明になって、口の周りが黒くなることから、クチグロ(口黒)とも呼ばれます。

美味しい食べ方は、刺身、薄造り、皮の湯引きなどが代表的です。

IMG_1726 IMG_1727 IMG_1742

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. ツブ、つぶ、真つぶ、目に入ってきます頑丈な貝殻。北海道は、厚岸・様似・室蘭から出荷されてきています。
  2. マテガイにしては貝殻がデカイ!発泡のケースを見ると「オオミゾ」と記されており、早速ネットで調...
  3. ちょっと、異常に大きなエビを特種相対品課石川社員のセリ場で発見しました。
  4. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...
  5. 久々、市場開放に参加し、仲卸店舗の様子をカメラに収めてきました。

アーカイブ

市場カレンダー