トピックス

今日の追っ駆けは「ヒラマサ」です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヒラマサ(平政)は、スズキ目アジ科に分類される海水魚の一種。

アジ科魚類の最大種で、よくブリと間違われます。

ヒラマサとブリの違いは皆さんご存知でしょうか?

一般的にヒラマサは魚体中央の黄色い線が鮮明なのに対して、ブリは色が薄いそうです。

しかし鮮度が良いとなかなか見分けが付きません。

分かりやすいところでは、腹ビレはブリが体側の黄色い線より下に付いているが、ヒラマサは黄色い線に掛かっています。

 

旬は夏で、大型個体より、全長1mに達しない若魚が美味(脂の乗りが絶妙)とされています。

料理のおすすめは刺身や寿司種で珍重されていますが、照焼き、塩焼きもおすすめです。

ちなみに値段は、ブリの倍以上の値段で取引されています。

IMG_1327 IMG_1307IMG_1331

 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 特種相対品課佐々木社員のセリ場でイイ香り。おおっ、スケトウダラの丸干し。
  2. 先週の土曜日、今年最後の市場市民開放に、たくさんのご来場頂き誠にありがとうございました。
  3. セリ場の気温は、土俵際ギリギリの2℃。
  4. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  5. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。

アーカイブ

市場カレンダー