トピックス

今日は「アオリイカ」(障泥烏賊)を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鎌倉、逗子小坪より、朝網の魚たちが入荷しました。その中で今日目を引いたのがアオリイカです。

アオリイカは、ヤリイカ科アオリイカ属に属するイカの一種で、胴長は約40-45cm、大きいものでは50cmを超え重さは6kg超になることもあり、その大きさから市場内でも存在感があります。

アオリイカの名前の由来ですが、おさかなマイスター宮島社員によると、ひれの色や形が障泥(あおり)と呼ばれる馬の胴体に巻く泥よけの馬具に似ていることから、例えから来たそうです。

旬は、産卵のため浅場にやってくる春から夏にかけてです。

アオリイカは大型で、しかも港の防波堤などから釣れる手軽さと「餌木」という擬似餌を使ったエギングが幅広い年齢層に人気です。

食材としては、肉質は弾力性があるがやわらかく身も厚くアミノ酸を多く含んでいます。

刺身、天ぷら、煮つけ、などに利用されます。

IMG_3385IMG_3242 IMG_3361 IMG_3389


 

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 唐突ですが、横縞がキレイですイシダイ。平塚市漁協の定置網漁で水揚げされたモノです。
  2. 頭隠して尻隠さず・・・果たしてフタが閉まるのか??・・・と、ツッコミたくなる大きなマツブが入...
  3. パッと見、鱸?と思ったらニベ(鮸)、でっかい鮸ことオオニベが平塚市漁協の川長三晃丸より入荷しました。
  4. 鮮魚課関西チームの五十子社員のセリ場に、長崎県五島列島「鯛福」より赤女=アカハタが出荷されて来ました...
  5. 今日は寒い!雨が降っているせいかもしれないが、兎に角寒い。

アーカイブ

市場カレンダー