トピックス

今日は「イボダイ」「エボダイ」を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イボダイは、エボダイ、メダイ、アゴナシと、関東近県の地域によっても呼び名に違いがあります。

イボダイは鰓蓋後縁にイボ状のものがあるのでイボダイと呼ばれていますが、神奈川、東京ではエボダイの呼び名が馴染み深いです。

おさかなマイスターの宮島社員からは、イボのイメージを嫌ってエボダイと呼ばれているとの小話を頂きました。

エボダイの干物の原料は海外モノが多い中、地元神奈川県三浦のエボダイの干物は、モノに拘った地産地消の一品です。

エボダイの美味しい食べ方ですが、新鮮であれば刺身、姿すし、塩焼き、煮付け、フライにも用いられます。

 

IMG_3196IMG_3205IMG_3237IMG_3247

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー