トピックス

今日は「イボダイ」「エボダイ」を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イボダイは、エボダイ、メダイ、アゴナシと、関東近県の地域によっても呼び名に違いがあります。

イボダイは鰓蓋後縁にイボ状のものがあるのでイボダイと呼ばれていますが、神奈川、東京ではエボダイの呼び名が馴染み深いです。

おさかなマイスターの宮島社員からは、イボのイメージを嫌ってエボダイと呼ばれているとの小話を頂きました。

エボダイの干物の原料は海外モノが多い中、地元神奈川県三浦のエボダイの干物は、モノに拘った地産地消の一品です。

エボダイの美味しい食べ方ですが、新鮮であれば刺身、姿すし、塩焼き、煮付け、フライにも用いられます。

 

IMG_3196IMG_3205IMG_3237IMG_3247

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 今シーズン大注目のドリンクになるかもしれない・・・中華街のタピオカブームはコレだ!!...
  2. 久しぶりに泡を吹いている奴に再会しました。
  3. 台風18号が通過した9月18日、九州は福岡の博多湾で、ある魚が大量発生=湧いて大騒ぎになりました。
  4. 台風が通り過ぎたから3日して、やっと本格的に入荷が戻りつつあります。
  5. 「ビノス」の愛称で呼ばれている、ホンビノスガイ。近年販売に注力し、セリ場の市民権は獲得済。

アーカイブ

市場カレンダー