トピックス

今日は「イボダイ」「エボダイ」を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

イボダイは、エボダイ、メダイ、アゴナシと、関東近県の地域によっても呼び名に違いがあります。

イボダイは鰓蓋後縁にイボ状のものがあるのでイボダイと呼ばれていますが、神奈川、東京ではエボダイの呼び名が馴染み深いです。

おさかなマイスターの宮島社員からは、イボのイメージを嫌ってエボダイと呼ばれているとの小話を頂きました。

エボダイの干物の原料は海外モノが多い中、地元神奈川県三浦のエボダイの干物は、モノに拘った地産地消の一品です。

エボダイの美味しい食べ方ですが、新鮮であれば刺身、姿すし、塩焼き、煮付け、フライにも用いられます。

 

IMG_3196IMG_3205IMG_3237IMG_3247

関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. 横浜丸栄水産㈱細谷専務より、とっておきの素材提供を頂きました。
  2. ムムム・・・これはアサリなのか・・・箱には『特大あさり貝』と記載が・・・...
  3. 三重県鳥羽市よりトロ箱が入荷、中身はマグロ?いいえオオニベです。
  4. かなりレアだけど、少々微妙な画像を紹介します。北からは、高級魚の松川(松川ガレイ)。
  5. やっぱりイイネ!下浦のシコイワシ!!澄んだ瞳は、朝どれ鮮魚『追駈け』ならでは...

アーカイブ

市場カレンダー