トピックス

今日は「トビウオ」(飛魚)を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

朝網追っ駆けでも最近目にする魚です。

トビウオの名前の由来は、水上に飛び出し、胸ヒレを広げ、グライダーのように飛ぶ様からつけられたのは有名です。

トビウオの世界最長飛行記録は45秒、400m。

例えると女子陸上400mの世界記録(47秒60)より早いなんて驚きです。

トビウオの旬は初夏から夏。美味しい食べ方ですが、新鮮なものは刺身、焼もの、煮つけ、新島や八丈島ではくさやに加工され、九州地方でよく使われるあごだしは、トビウオが原料となっています。

また、トビウオの卵は「とびっこ」と呼ばれ珍味や寿司ネタなどに用いられています。

IMG_3520IMG_3528 IMG_3473 IMG_3545

 


 

関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー