トピックス

今日は「魳」(カマス)を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カマスはスズキ目サバ亜目カマス科に分類される。

カマス科はカマス属のみ1属で構成され、ヤマトカマスなど21種が認知されているそうです。

市場に多く入荷されるのは、アカカマス(本カマス)とヤマトカマス(水カマス)です。

両者の見分け方ですが、ヤマトカマスはアカカマスほど大きくならず、体色は青味がかかり、背は紫がかったグレー色、各ヒレが黒っぽいのが特徴です。

大きな見分けるポイントは腹びれが背びれと同位置、あるいは、背びれより後についている点です。

美味しい食べ方は、一夜干し(背開き)、塩焼きが代表的で、身がやわらかく水分が多いため刺身には不向きの様です。


IMG_3035 IMG_3306 IMG_3311 IMG_3322


関連記事

Language

Japanese
English

ピックアップ記事

  1. やはり12月、毎朝のセリ場の寒さは半端ありません。
  2. 福島県より白い妖精が市場に到着しました。かなり盛ってしまいましたかね(笑)。
  3. 水産市場のセリ場に「月下美人」か「トケイソウ」か、いえいえ花ではなく動物です。
  4. 本日、久しぶりに平塚市漁協の日海丸より追っ駈けが到着。
  5. 秋田の魚「ハタハタ」がオス、メス別々で入荷しています。

アーカイブ

市場カレンダー