トピックス

今日は「魳」(カマス)を紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カマスはスズキ目サバ亜目カマス科に分類される。

カマス科はカマス属のみ1属で構成され、ヤマトカマスなど21種が認知されているそうです。

市場に多く入荷されるのは、アカカマス(本カマス)とヤマトカマス(水カマス)です。

両者の見分け方ですが、ヤマトカマスはアカカマスほど大きくならず、体色は青味がかかり、背は紫がかったグレー色、各ヒレが黒っぽいのが特徴です。

大きな見分けるポイントは腹びれが背びれと同位置、あるいは、背びれより後についている点です。

美味しい食べ方は、一夜干し(背開き)、塩焼きが代表的で、身がやわらかく水分が多いため刺身には不向きの様です。


IMG_3035 IMG_3306 IMG_3311 IMG_3322


関連記事

ピックアップ記事

  1. 横須賀、勝浦から寒サバが入荷してます。
  2. 特種課のセリ場にアカムツ(のどぐろ)を発見、長崎県対馬市上県町の上県漁業協同組合から出荷された「紅瞳...
  3. 正に未知との遭遇、今まで見たことがない得体の知らない生物を発見、ゴマフアザラシ?そんな訳ないですよね...
  4. 魚河岸処の前で、アンコウの吊るし切りの実演です。
  5. 今朝の冷え込みがかなり残っているので、市場内は9時を過ぎてもかなり寒いです。

市場カレンダー